コーチング

コーチング

コーチングを「受ける側」の事情とコーチングを「する側」の事情

日頃からラグビーのコーチングについて、いろいろ考えています。といっても、自分はコーチではないので、あくまで編集者の観点から、ということになりますが、たとえばタイトルのようなことを漠然と考えたりしているわけです。 過日、編集・制作を担...
イベント

電子書籍『勝つためのゴールキック』発売記念オンラインイベント──ラグビーはフットボール。キックは大きな武器になる!

イベント当日のご案内用に、イベント内容をご紹介します。7月10日、20時から。無料でご参加OK。お申込はから。    *    *    * ラグビーのキック、それもゴールキックに特化した電子書籍『勝つためのゴールキック』──ジャパ...
コーチング

ラグビースクールにはもっと女性のコーチがいてもいいのではないか

先日、with Rugbyとしてオンライン新年会を開催しました。ラグビースクール関係者の皆さんと意見交換などを行い──早い話が居酒屋での雑談のようなものですが──2時間ほど過ごしました。 その中で、神奈川・麻生ラグビースクー...
コーチング

ラグビースクールと連携しつつ独自のプログラム提供で柏のラグビーシーンを盛り上げる「T2 RUGBEAT CREATIONS」

「T2 RUGBEAT ACADEMY」での大中さん 先日、(財)日本ラグビーフットボール協会の広報の仕事として、千葉県・柏市の柏ラグビースクールを取材しました。ラグビーワールドカップ2019の熱狂から、ラグビースクールでプレーする...
イベント

前へ! 小学生とも「ワン ハート」── 秋田ノーザンブレッツ

マットレスをつかったトライの様子 (with Rugbyスタッフライター 福岡 修) 小学生向けの〝ラグビー体験授業〟が盛況です。これを行っているのは秋田ノーザンブレッツ(トップイーストリーグDiv.1)。今年度は秋田県内20...
コーチング

Instagramで「日めくりインナーマッスル」を連載中

with Rugbyでは、with Rugbyストアで販売中の小冊子『インナーマッスル・パワーへの気づき』の内容を知っていただきたいと、ほぼ全文を、Instagramで連載公開中!題して「日めくり インナーマッスル」。 第1回はこち...
コーチング

最近、子どものスポーツの暴力・ハラスメントの事例が多くないですか?

自分の見聞きした範囲でざっと集めたものですが、最近、子どものスポーツにまつわる暴力・ハラスメントの事例が多くないですか? どの件も最近のことです。最後のサッカーの件は報道ではないので、いつのことか確定できませんが、母親からの元のDMに「先...
コーチング

海外のコーチングの知見をそのままもってきても、うまくいかない事例のひとつがこれ

先日書いた、『子どもにとって「選択する自由」が大切なら、スポーツの現場こそ「選択させる環境」を提供しやすいのでは』の中に出てくるコロンビア大学ビジネススクールのシーナ・アイエンガー教授について少し調べたら、興味深い話が出てきました。 ...
コーチング

子どもにとって「選択する自由」が大切なら、スポーツの現場こそ「選択させる環境」を提供しやすいのでは

9月3日に発表された、ユニセフによる「子どもの幸福度」。日本は総合で20位。「身体的健康」で1位だった一方、「精神的幸福度」は37位でワースト2位。この結果については各メディアで報じられたのでご存じの方が多いと思います。 この「精神...
コーチング

みんなの「うまい!」のために、というビールのCMのようなコーチングの話

「練習メニュー」という言い方があります。メニューといえばレシピ。各種ドリルの練習方法などみていると、料理のレシピに似ているなと、前から思っていたので、少し整理して考えてみました。そうしたら思ったより共通点が多かった、ということが分かりまし...
タイトルとURLをコピーしました