11月30日発売!『青いキウイ』の最新情報をお知らせするページ

永吉天馬(ながよしてんま)くんという14歳の少年がいます。実家は大分県・大分市。彼は、小学6年の3学期に、ニュージーランドへ留学を果たしました。理由は「オールブラックスになりたい」という夢があるからです。その夢に、子どもとともに真摯に向き合った両親の一哉さんと綾さん。天馬くんの目的を達成するにはどうしたらいいのか考えた末くだした結論が留学でした。そんな永吉家のヒストリーが描かれているのが、母親である綾さんの著書『青いキウイ』です。

『青いキウイ』(永吉綾著、with Rugby)
with Rugbyストアからのオンライン販売

『青いキウイ』表紙
『青いキウイ』表紙

●印刷版
価格:1100円+消費税(送料は別途)、四六判・本文は一色、296ページ
●電子書籍
価格:900円+消費税、ePUB形式、本文は一色、写真はカラー


(2023年1月22日追記)

1月19日、OAB(大分朝日放送)で永吉天馬くんと『青いキウイ』について放送されました。7分以上の動画は内容充実です。

【特集】夢はオールブラックス ラグビー少年ニュージーランドで修行中

こちらはヤフーニュースでも見られます。

◎【特集】夢はオールブラックス ラグビー少年ニュージーランドへ修行中
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e0ead080512d8c535f4b52e692e83cc1107c847

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

1月7日付けで、大分合同新聞(ヤフーニュース)に『青いキウイ』のことが掲載されました。

◎家族で追う楕円球の夢 息子のNZ挑戦、母が一冊に
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b7cd6800055c7e90bb3cd26febc8a77c1f01247


(12月12日追記)

お待たせいたしました。電子書籍の発売が12月16日に決まりました。価格は税込みで990円となっております。Amazon・紀伊国屋書店・楽天Kobo・BookLive! 等で販売となります。
(* Amazon楽天Kobo では、予約販売が開始されています)

「本は紙でないと‥‥」「電子書籍はどうも仕組みがよく分からなくて‥‥」という中高年の皆さん、電子書籍には「文字を大きくできる」という便利な機能があります。そうした意味では、中高年向きの読書のスタイルという見方もできますよ😊

■紙版の配送について
紙版の書籍については、送料を180円に抑えるために日本郵便の「スマートレター」を利用しています。その代わり、配達日数が少々かかります。
日本郵便のウェブサイトでは
「差出日の翌々日以降 ※宛先によって異なります」
「土曜日・日曜日・休日の配達は行いません」となっています。
しかし実際に当方で把握している日数は、都内で中2日。九州では中2日で届いたこともあれば、中5日のケースもあり。これらは「土曜日・日曜日・休日」を入れない日数なので週をまたぐとその分さらにかかることになります。予めご承知おきくださいますよう、お願いいたします。


(11月20日追記)

『青いキウイ』紙版をご購入いただける「with Rugbyストア」のページができました。本の発売は30日ですが、今日から予約受付開始となっています。以下のページをご覧ください。

『青いキウイ』(11月30日発売)
■2022年11月30発売(順次発送予定です) ■四六判・296ページ 本文は一色 ■永吉天馬(ながよしてんま)くん、15歳。彼は、小学6年生の3学期途中で、ニュージーランドへの留学を果たしました。理由は「オールブラックスになりたい(ラグビーのニュージーランド代表)」という夢があるからです。 その夢に、子どもととも...

(11月9日追記)

『青いキウイ』は総ページ数300に迫るボリュームで制作中。発売は11月30日に決まりました!
発売日が近くになりましたら、実際に購入していただけるオンラインストアのご案内をいたします。


(10月24日追記)

発売は11月下旬を予定しています。お待たせしております。
またページ数は200とお伝えしておりましたが、280を超えるボリュームになっています。


(10月15日追記)

ご両親のインタビュー記事がこちらで公開されています。

永吉一哉さん, 永吉綾さん〈インタビュー〉
小学6年生で留学した少年と、彼に真摯に向き合う両親の物語

https://note.aktio.co.jp/education/20220913-1743.html


タイトルとURLをコピーしました