How to もの

with Rugbyについて

いわゆる「How to もの」の本や情報は、一定以上の分かりやすさがないと話にならないという話

小学6年のとき、ギターで挫折した苦い思い出があります。その後、編集の仕事をするようになって、そのときの経験がおおいに活きているので、今となっては苦くもなんともなく、むしろ分かりやすさを追求するという、編集者としてのひとつの原点にな...
タイトルとURLをコピーしました